介護リノベーションとは?介護リノベーションのポイントを解説!

介護リノベーションとは?介護リノベーションのポイントを解説!
中古住宅+リノベ 情報コラム
介護リノベーションをするタイミングは、必要になってからでは少し遅いということもあります。
日々の介護に追われ準備が不十分になることがあるためです。
では、介護リノベーションはいつ頃検討すれば良いのでしょうか。
今回は、介護リノベーションを検討するタイミングとその際に気をつけるべきポイントを解説します。

□介護リノベーションを検討するタイミングについて

近年は高齢化の影響で、介護リノベーションを行う方が増えています。
介護リノベーションはどのタイミングで行えばよいのでしょうか。
ここでは、介護リノベーションを検討するタイミングについて解説します。

1つ目は、家族の介護が必要となったタイミングです。
要介護認定を受けた家族とこれからも一緒に暮らしたいと考えている方は、家族が暮らしやすいように介護リノベーションを検討する方が多いですよね。
住宅をバリアフリー仕様にすることで、家の中を移動しやすく、本人の自立心を保てます。
さらに、介護する側の負担が減るのもメリットです。
廊下やトイレに手すりがあるだけで、介護の負担が軽減されます。

2つ目は、将来に備えてです。
今の住宅に長い間住もうと思っている場合、将来に備えてイノベーションをする方も多くいます。
リノベーションによって住宅がバリアフリーになれば、事故の予防だけではなく介護を受ける人が自分で動ける範囲も広がるので、生活のしやすさが向上するでしょう。

□介護リノベーションのポイントとは?

介護リノベーションとは?介護リノベーションのポイントを解説!
介護リノベーションのポイントを3つ解説します。

1つ目は、介護者だけではなく、介助者にとっても使いやすさを重視することです。
介護というと、どうしても介護者を優先してしまいますよね。
しかし、介護は介助する人がいて初めて成立するのです。
介助者にとっての使いやすさを考慮して、工事内容を決めていきましょう。

2つ目は、それぞれの家庭に合わせたリノベーションにすることです。
家の造り、要介護の段階、身体の大きさなど各ご家庭の状況によって適切な介護のリノベーションパターンは変わります。
それぞれのご家庭の環境に合わせて決めるようにしましょう。

3つ目は、将来を見据えたリノベーション内容にすることです。
今は気にならないことでも、月日が経過すると不便に感じることもあるでしょう。
それらを予防するためには、将来を想定し、あらかじめ障害となりそうな箇所を対策できる工事内容にしましょう。

□まとめ

今回は、介護リノベーションを検討するタイミングとその際に気をつけるべきポイントを解説しました。
平均寿命が伸び高齢化社会になっている日本では、以前より介護の必要性は増しています。
将来の生活を見据えて計画的に対策ができるようにしてください。

【リノベスタイルブックプレゼント】

介護リノベーションとは?介護リノベーションのポイントを解説!

建築のプロとつくるリノベーション住宅
リノベーション成功事例集をプレゼント!

資料請求はこちらから

WORKS MORE