どっちがおすすめ?中古住宅のリノベーションと新築住宅を徹底比較します!

どっちがおすすめ?中古住宅のリノベーションと新築住宅を徹底比較します!
中古住宅+リノベ 情報コラム
「新築か中古住宅のリノベーションかどちらが良いか分からない」
「それぞれどんな特徴があるの」
このように疑問をお持ちの方も多いでしょう。

そこで今回は、新築と中古のリノベーションを徹底比較いたします。
それぞれのメリットとデメリットなどをご紹介するので、お家づくりの参考にしていただければ幸いです。

□新築と中古住宅リノベーションのメリットとデメリットとは

どっちがおすすめ?中古住宅のリノベーションと新築住宅を徹底比較します!
ここでは、新築と中古住宅のリノベーションそれぞれのメリットとデメリットを簡単に紹介します。

まず、新築のメリットは、建物の構造部分に不安が少ない点です。
特に注文住宅の場合は、外観や間取りなどの自由度が高いのが良いですよね。
一方でデメリットは、住んでみるまでお家の環境が分からない点です。
お家が出来上がるまで、住み心地や景観のイメージがしづらい所が不安要素ですね。

これに対して、中古住宅のリノベーションは周囲の環境やお家の状況を把握しやすいのがメリットです。
また、新築のお家よりも費用が安いのが嬉しいですよね。
デメリットとしては、注文住宅と比べると間取りの自由度が低いという点が挙げられます。

□新築向きのケースとリノベーション向きのケースとは

どっちがおすすめ?中古住宅のリノベーションと新築住宅を徹底比較します!
ここでは、新築向きのケースとリノベーション向きのケースをそれぞれご紹介します。

まずは、新築向きのケースです。
予算に余裕があり、ご希望のエリアに理想のお家を建てられるなら、新築のほうが良いかもしれません。
リノベーションよりも自由にデザインやプランを設計することが可能です。
また、長く住み続けたい、子どもに家を引き継ぎたい、とお考えの方にも、新築がおすすめかもしれません。

次は、リノベーション向きのケースです。
立地を重視するなら、新築よりも中古住宅をリノベーションするほうが、立地の選択肢も多く、土地代のコストも抑えやすくなります。

都心部に住まいを構えたい方も多いでしょう。
しかし、なかなか予算内で土地を見つけるのは厳しいですよね。
中古住宅なら、様々な物件がありますし、リノベーションをすることで理想の住まいを手に入れられます。

また、建物の状態が良く、耐震補強や劣化の補修の必要がなければ、リノベーション費用も抑えられるでしょう。
最適な中古住宅をきちんと選べば、お得に理想のお家を持てます。

□まとめ

どっちがおすすめ?中古住宅のリノベーションと新築住宅を徹底比較します!
今回は新築と中古住宅のリノベーションのそれぞれのメリットやデメリット、向き不向きを比較しました。
比較することで、それぞれの特徴をお分かりいただけたのではないでしょうか。
リノベ不動産 オノコムリビングワークスでは、中古購入とリノベーションで理想の住まいをご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

【リノベーション事例集】プレゼント!

どっちがおすすめ?中古住宅のリノベーションと新築住宅を徹底比較します!

建築のプロとつくるリノベーション住宅
リノベーション成功事例集をプレゼント!

資料請求はこちらから

WORKS MORE