中古住宅のリフォームか新築かどっち?それぞれのメリットを解説します!

中古住宅のリフォームか新築かどっち?それぞれのメリットを解説します!
中古住宅+リノベ 情報コラム
中古住宅のリフォームか、新築か、お家づくりでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
初めてのお家づくりでは、どちらが良いのか分からないですよね。
そこで今回は、新築のお家と中古リフォームのお家のそれぞれのメリットを解説します。
この記事をぜひ理想のお家づくりにお役立てください。

□新築のお家のメリットとは

中古住宅のリフォームか新築かどっち?それぞれのメリットを解説します!
新築のお家を購入することの一番のメリットは、やはり新築に住むという満足感でしょう。
注文住宅の場合、土地を選んで設計するところから始まります。
土地選びから、設計、建築、完成、実際に入居するまでの流れで行います。
時間はかかってしまいますが、お家を最初から作り上げたという達成感が味わえるでしょう。

また、太陽光発電や家庭用蓄電池などの最新の設備を設置できることもメリットです。
中古のお家でもリフォームでこれらの設備を取り付けることは可能ですが、費用を考えると、新築のお家を買う方が早いという声もあります。

□中古リフォームのメリットとは

中古住宅のリフォームか新築かどっち?それぞれのメリットを解説します!
次に、中古リフォームのメリットを2つ紹介します。

1つ目は、新築するよりも安く住めることです。
土地を買って新築をすると住宅ローンもかなりの額になりますよね。
一方で、中古リフォームであれば、負担も軽く新しい家に住めることもあります。

新築を買うことによって、趣味や外食を我慢する羽目になり不自由な部分が増えてしまっては残念です。
そのため、最初からリフォームをすることを前提に中古のお家のみを探しているお客様も数多くいます。

2つ目は、大事な資産になることです。
家を手に入れるということは、自分たちのものになるということです。
新築のお家でなくても、中古のお家をリフォームすれば、大事な資産になります。
内装が古くてもリフォームで綺麗にできますし、立地が良い中古住宅なら、リフォーム次第で資産価値が上がることもあるでしょう。

お家という資産があれば、いざという時に売却したり、賃貸に出して人に貸したりできるので安心ですよね。
お家を自分たちで所有していれば、老後まで一生自分のお家に住み続けることが可能です。

□まとめ

中古住宅のリフォームか新築かどっち?それぞれのメリットを解説します!
今回は、新築と中古それぞれのお家のメリットをご紹介しました。
どちらにもメリットがありますが、自分たちが何を大事にしたいかを考えてお家づくりをすることが重要です。
オノコムリビングワークスでは、中古購入とリノベーションという新しい住まい探しの形を提案しています。
まずはお気軽にご相談ください。

【リノベーション事例集】プレゼント!

中古住宅のリフォームか新築かどっち?それぞれのメリットを解説します!

建築のプロとつくるリノベーション住宅
リノベーション成功事例集をプレゼント!

資料請求はこちらから

WORKS MORE