リノベーションをお考えの方!中古戸建てのリノベーションがおすすめです!

リノベーションをお考えの方!中古戸建てのリノベーションがおすすめです!
中古住宅+リノベ 情報コラム
最近は、中古戸建てをリノベーションして自分好みの住宅にアレンジする方が増えています。
なぜ新築を購入せずに、このような手段を選ぶ方が増えているのでしょうか。
今回は、中古戸建てのリノベーションがおすすめの理由について解説します。

□中古住宅のリノベーションがおすすめの理由とは?

リノベーションをお考えの方!中古戸建てのリノベーションがおすすめです!
かつては新築を選ぶ方が多かったのですが、最近では中古住宅を購入した後にリノベーションをする方が増えています。
中古住宅のリノベーションは、新築購入と比べどのような良さがあるのでしょうか。
ここからは、中古住宅の購入後にリノベーションをするのがおすすめな理由を3つ説明します。

1つ目は、中古住宅は安く購入できる点です。
国土交通省の調査によると、中古住宅の平均購入価格は、2857万円です。
一方新築は4000万円程度です。
新築と中古では1000万円ほどの差があります。

これは、建物の資産的な価値が築年数とともに減っていくことが原因です。
国土交通省のレポートによると築20年の物件は建物の価格が底値まで下落した場合、ほぼ土地にかかる費用のみで購入できると説明されています。
これを踏まえると、中古住宅を購入してリノベーション工事をする人が多いのも理解できます。

2つ目は、立地の良い物件が揃っている点です。
新築の土地探しは容易ではありません。
アクセスの良い場所は既に埋まっており、土地の余剰がない場合が多いです。
しかし、中古住宅の中には条件の良い物件もたくさんあるので、自分たちの希望を満たした物件を見つけやすいのです。

3つ目は、理想の住まいにアレンジできる点です。
リノベーションをして必要な設備を整えれば、中古住宅を自分好みの物件に生まれ変わらせることができます。
また、増築をすれば家の大きさも変えられます。

□リノベーションをする物件についての注意点とは?

リノベーションをお考えの方!中古戸建てのリノベーションがおすすめです!
リノベーションにかかる費用を住宅ローンで支払う場合は、土地についての注意が必要です。
土地によっては住宅ローンを組めないことがあるためです。
このような制約がかかった土地の例を3つ説明します。

1つ目は、再建築不可物件です。
通常建物を建てるためには、建築基準法で幅4メートル以上の道路に敷地の2メートル以上が接しているというルールが定められています。
これらの条件を満足していなければ、新しく建物を建てられません。

2つ目は、要セットバックの物件です。
敷地に接する道路幅が4メートル未満の土地では、4メートル以上の幅を設けられるよう建物を建てる範囲の制限を受けます。

3つ目は、建ぺい率、容積率を超えた物件です。
この物件は住宅ローンを利用できない可能性が高いです。
これらの違反物件は意外と多いので注意が必要です。

□まとめ

リノベーションをお考えの方!中古戸建てのリノベーションがおすすめです!
今回は、中古戸建てがリノベーションでおすすめの理由を説明しました。
中古住宅をリノベーションする人が多い理由がお分かりいただけたと思います。
新築だけではなく、中古戸建てのリノベーションも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

【リノベスタイルブックプレゼント】

リノベーションをお考えの方!中古戸建てのリノベーションがおすすめです!

建築のプロとつくるリノベーション住宅
リノベーション成功事例集をプレゼント!

資料請求はこちらから

WORKS MORE