年収400万だと住宅ローンはいくらまで払える?目安を解説します!

年収400万だと住宅ローンはいくらまで払える?目安を解説します!
中古住宅+リノベ 情報コラム
「住宅ローンを組みたいけどどのくらいなら払えるかな」
お家の購入をお考えの方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、年収の面からいくらまでなら住宅ローンを組めるのかについて解説します。
ぜひお役立てください。

□年収からみる借入可能額とは

年収400万だと住宅ローンはいくらまで払える?目安を解説します!
住宅ローンを組む際は、何の目安で借入額を決めれば良いのでしょうか。
一般的には、「年収の5倍以内」と言われています。
これは、家計を圧迫する心配がなく、急な出費にも対応できる返済額です。

また、借入額を決める際は毎月の返済額にも注意が必要です。
一般的には、住宅ローンの年間返済額は年収の25パーセント以内が良いと言われています。
例えば、年収400万円の場合は、年間返済額は100万円で、1か月あたりの返済額は約8.3万円です。
1.5パーセントの金利で35年ローンを組むとすると、年間返済額100万円で借りられる金額は約2700万円です。

また、金利やローンの期間によって借入可能額は異なります。
あくまで目安として覚えておきましょう。

□住宅ローンは返すことを意識しましょう

住宅ローンの借入額を決める際は、いくらまで返せるのかを意識して計画を立てるのが大切です。
返済額を検討する際のポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は、月々の返済額をシミュレーションしてみることです。
最近では、金融機関のポータルサイトで返済可能額を試算できるシミュレーターがあります。
年収や金利、希望する返済期間などを入力すれば、目安の借入期間が簡単に把握できます。
積極的に活用し、毎月の返済額に問題がないかどうか確認しておきましょう。

2つ目は、返済限度額を理解することです。
現在の家計から、自分たちはどのくらいなら毎月支払えるかを理解しておくのも大切です。

例えば、「ローンの返済が始まったら家計を切り詰めよう」を考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、いったん広がった支出を大幅に削るのは簡単なことではありません。
過去半年ほどの家計をチェックし、実際にいくらまでローン返済に充てられるのかを確認しましょう。

3つ目は、購入するお家を見直してみることです。
月々の返済可能額が明確になった際、希望のお家の金額に足らない場合もあるでしょう。
そのような場合は、希望のお家を見直すのも一案です。

しかし、あまり妥協すると満足度が低下して、後悔にもつながるため注意が必要です。
購入時期を延期するという方法もあります。

□まとめ

今回は、住宅ローンをいくらまで払えるのかの一例や、返済額を検討する際のポイントをご紹介しました。
ぜひこの記事を参考にして、ご家庭の返済可能額を検討してみてはいかがでしょうか。
何かお困りのことがありましたら、オノコムリビングワークスにご相談ください。

建築のプロとつくるリノベーション住宅
リノベーション成功事例集をプレゼント!

資料請求はこちらから

WORKS MORE