家を買う不安を解消しませんか?資金計画の立て方について解説します!

家を買う不安を解消しませんか?資金計画の立て方について解説します!
中古住宅+リノベ 情報コラム
「家を買うのが不安」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
お家はとても大きな買い物なので、決断するには勇気がいりますよね。
そこで今回は、最も多い不安やその解決方法について解説します。
ぜひお役立てください。

□お家を買う際の最も大きな不安要素とは

家を買う不安を解消しませんか?資金計画の立て方について解説します!
お家を買う際の一般的な不安要素として多いのが、お金についてではないでしょうか。
例えば、住宅ローンを借りられるのか、返済できるのかなどの不安要素があげられます。
住宅ローンは借金なので、不安を抱えるのは当然でしょう。
では、このような不安はどのように解消すれば良いのでしょうか。

それは、資金計画をしっかりと立てることです。
実際に自分たちがお家を買うためにはどのくらいのお金が必要で、ローンを返済するために毎月どのくらい支払っていけるのかを知ることが大切です。
自分たちの資金をしっかりと確認し、納得するのが不安解消の秘訣です。

□資金計画を立てる際のポイントとは

家を買う不安を解消しませんか?資金計画の立て方について解説します!
先ほど、お金の不安を解消するためには資金計画をしっかりと立てることが大切だとご説明しました。
そこで、次に資金計画の立て方のポイントについて3つの側面からご紹介します。

まず、住宅ローンについてです。
住宅ローンの資金計画を立てる際、長期固定金利のものを利用すれば、将来にかかる住宅コストを確定できるというメリットがあります。
そのほかにも住宅ローン控除や住まい給付金などさまざまな税制優遇がありますので、それらを踏まえて資金計画を立てるようにしましょう。

次に、将来の収入と働き方についてです。
将来転職や独立を考えている方や出産を機に専業主婦になろうと考えている方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、その時期の収入の変化を予測することも大切です。

そして、子供の教育費についてです。
家計にとって大きな支出の一つが、子供の教育費ですよね。
公立の学校に通うのか私立の高校に通うのかによっても大きく変わってくるため、早い段階からよく話し合って方針を決めておきましょう。

収入の変化や教育費を可視化するためにおすすめなのが、キャッシュフロー表です。
エクセルなどの表計算ソフトを使って、横軸に期間、縦軸に年齢とライフイベントを記入します。
そして、縦軸に毎年の収入の変化や予想できる支出をまとめます。
資金計画が可視化できるためおすすめです。

□まとめ

家を買う不安を解消しませんか?資金計画の立て方について解説します!
今回は、家を買うのが不安という方に向けて、資金計画のポイントについて解説しました。
お金の不安を解消して、晴れやかな気持ちでお家を購入できるようにしましょう。
ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

【リノベーション事例集】プレゼント中

家を買う不安を解消しませんか?資金計画の立て方について解説します!

建築のプロとつくるリノベーション住宅
リノベーション成功事例集をプレゼント!

資料請求はこちらから

WORKS MORE